廃車にかかる料金

廃車にかかる料金について

廃車を行うとなると、さまざまな費用がかかります。具体的にどういった料金が必要になるのかを挙げていきます。まず廃車に必要な費用の中にリサイクル料金というものがあります。

これは平成17年に自動車リサイクル法という法律が施行され、自動車を廃車にする場合はそれぞれの車ごとに決められたリサイクル料金を払うことが義務づけられるようになりました。

この費用に関しては平成17年の2月以降に車検を通した車であれば、車検の際に既にリサイクル料金は徴収されている仕組みになっています。

しかしこの場合でないとしたら廃車の時に支払いが必要になります。車の種類によって値段が違い、国産の軽自動車の場合でしたら8000円、普通車の場合でしたら10000円、外国車や大型車の場合でしたら15000円以上となります。

また廃車の手続きにも費用が必要になる場合があります。手続きというものは抹消登録を各陸運局に申請する必要があるのですが、この登録の手続きを自分自身で行い陸運局に提出する場合は無料で行えます。

この登録手続きは代行によって申請も可能ですが、その際に代行を依頼するなら解体業者や行政書士に書類作成を依頼できるのですが、代行の場合はそれぞれの業者へ手数料が必要になります。大体2000円から10000円くらいは用意しておく必要があります。

また廃車の場合、解体業者に処分を依頼することになりますが、自分で動かすことの出来る車でしたら費用はかかりませんが、自分で動かすことの出来ない車の場合は、解体業者の方から車の引き取りに来てもらうことになり、この時にかかる移動の費用が派生します。

引き取る際に移動する距離によっても料金は違ってきますが、基本的には10000円を超えるものとなるので、準備が費用になります。

解体自体にも費用が発生するもので、スクラップ処理を行うことで自動車を破壊して鉄くずの塊にする作業が行われます。

またスクラップになった金属については再利用されることもあり、再利用される資源の処理や回収するものの処理が行われ、この場合にケースによっては費用が発生することがあります。

廃車に関してかかる費用は場合によってまちまちなので、自分自身でかかる費用を抑えることが出来ます。抹消登録の手続きは自分で行うとか、解体業者に処分を依頼する車は自分で持ち込むなどすれば、廃車にかかる諸費用を出来るだけ軽減することが出来るでしょう。

Copyright© 2014 廃車買取で勝ち組になるために、知っておくべき注意点 All Rights Reserved.