廃車手続きにかかる費用

廃車手続きにかかる費用について

廃車の手続きを行う際には多くの費用がかかります。まず第一に自動車リサイクル料です。これは平成17年以降に施行されている比較的新しい法律で、廃車する際には必ず所有者が支払わなければなりません。

現在国内で廃車される自動車は年間400万台ほどで、これに輸出した車も含めると500万台ほどの自動車が廃棄されています。

自動車リサイクル法が施行される前には各種自動車関連の業者が独自に解体、再利用していたものの、自動車には有価物として取引される金属やエンジンの他に、処理が困難な多くの部品が存在し、これらの部品は不法投棄の原因になっていました。

これらの事態を打開するために生まれた法律が自動車リサイクル法です。ユーザー側が払うものとして法律で定められているため、自分で手続きを行う場合でも業者に任せる場合にも必ず8000円~20,000円程度のお金がかかります。

他には解体費用、抹消登録費用というものがかかります。多くの人は廃車という自動車をスクラップすることをイメージしがちですが実際には抹消登録を行うことを廃車といいます。

車の解体は解体を行う業者によって大きく異なります。また、解体業者に車を引き取ってもらうよりもディーラーや自動車買取業者に廃車を任せる人も多くいます。

これらの業者は各地区に多く点在しており、誰でも簡単に手間なく、簡単に引き取ってもらうことが可能ですが、引き取ってもらった自動車はほぼ必ず解体業者に送られることになります。そのため、仲介業者を経由していることになり余分にお金がかかることになります。手数料も含めて2万円~4万円程度が相場です。

仲介業者を含まずに直に解体業者に依頼する場合には1万円程度が相場であり、場合によっては無料になることもあります。さらに車の価値が高かったり地区によっては逆にお金をもらえたりする場合もあるほどです。

基本的に安くで済みますが、車検が切れていたり事故や災害等で走行できる状態でない場合には自宅まで引き取りにきてもらうことになり、運搬手数料が発生します。状況によるものの最低1万円~4万円程度の出費を覚悟しなければなりません。

抹消登録の際にもお金がかかりますが、手間がかかる作業の割に必要となるお金は350円だけです。

自分で全ての手続きを行うことも可能ですが、手間や知識、必要となる書類が増えるため基本的に業者にやってもらいます。その際には車検証の他ナンバープレート、車検証で所有者となっている人の印鑑証明書が必要になります。

Copyright© 2014 廃車買取で勝ち組になるために、知っておくべき注意点 All Rights Reserved.