廃車する際の手続き

廃車する際の手続きについて

廃車の手続きには主に永久抹消登録と一時抹消登録、そして解体届出の3種類があります。永久抹消登録というものは最も基本的な廃車の手続き方法で、解体前はもちろん、解体後でも行うことが可能です。その他事故や災害等により公道を走行することや修理が困難な場合に選ばれます。

基本的に廃車する際に業者に一任することが多いですが、その際に手数料が発生します。もちろん自分で行うことも可能ですが素人がやるにはやや手間や知識が必要です。

業者に依頼する場合には車の売却時と同じように印鑑証明書及び印鑑が必要になります。実印の押印がある委任状も必要です。車検証も必要ですが、これは法律によって自動車に備え付けておくことが義務づけられているので特に用意する必要はありません。

多くの人は助手席のボックスに備え付けています。万が一紛失してしまった場合には申請して再発行してもらう必要があります。他にナンバープレートも必要ですが、同じく車に備え付けていないという人はまずいません。

車検証とナンバープレートをなんらかの理由で紛失していた場合には理由書を用意することで再発行してもらう手間を省くこともできます。自動車を所持するためには自動車重量税を納めなければなりませんが、これは車検時に一緒に徴収されています。このため、車検が1ヶ月以上残っている場合には還付してもらうことができ、還付してもらうためには別途書類が必要になります。

また、車検に記載されている情報が現在のものと違う場合には別途手続きが発生することがあります。

一時抹消登録というのはその名の通り一時的に登録を抹消することです。永久抹消と同じく、基本的に業者がしてくれます。自分で行う場合には手数料がかからなくなるものの、手間や豊富な知識、必要とする書類が増えるためお勧めしません。

基本的に永久抹消登録と比べると簡単に行うことが可能です。廃車の際には主にこの二つの手続きが必要になりますが、そのほか、一時抹消登録を済ませてある自動車を解体(廃車)する場合には解体届出をしなければなりません。

こちらも基本的に業者に一任してユーザーはお店に支持された書類等を用意するだけで大丈夫です。

具体的には所有者の押印のある委任状、登録識別情報等通知書か一時抹消登録証明書、その他に解体を行った証明のメモ書きや移動報告番号が必要になります。災害によって解体届出を行う場合にはメモ書きの変わりに罹災証明書を準備します。

Copyright© 2014 廃車買取で勝ち組になるために、知っておくべき注意点 All Rights Reserved.